日経FinTech

コラム

  • 法規制から見る、海外FinTechの日本展開への道

     海外で人気を博しているにもかかわらず、未だに日本で提供されていないFinTechサービスは多い。立ちはだかる一つの壁が法規制だ。金融を巡る法規制は世界各国で異なっており、必ずしも海外と同じ手法で事業を展開できるとは限らない。もし、海外の主なFinTechサービスを日本で展開する場合に留意すべき観点を、法規制の側面から解説する。

  • FinTechイノベーションを支えるITリスク管理

     従来の金融業界の概念を打ち破る革新的な技術やサービスモデルが期待されるFinTech。その一方で、金融系スタートアップ企業がサイバー犯罪の標的になったり、内部からの情報漏えいが発覚したりして、事業自体の存続が危うくなるようなケースも起きている。本企画では、新たな金融サービスモデルが抱えるサイバーセキュリティから見たリスク・課題点およびそれを解決するための組織的対策や技術的対策を紹介する。

  • ブロックチェーンが創る金融システムの未来

     金融業界に「非中央集権化」の波をもたらしたビットコイン、そしてブロックチェーン。長年続いてきた金融の産業構造の課題を浮き彫りしながら、新たな可能性の模索が続く。国内でブロックチェーン技術を用いたサービス開発事業者、Orb創業者兼CEO(最高経営責任者)の仲津正朗氏、チーフサイエンティストの斉藤賢爾氏が経済、技術の両視点から現在の新潮流を解説する。

  • 編集長退任のご挨拶

     編集部からのお知らせ