PR

 Googleのトップページは検索窓しか付いていないとてもシンプルなものだ。株価情報や路線検索や天気,地図や辞書などさまざまな情報にトップページからアクセスできるYahoo!とは違うと思っている人も多いだろう。しかし,実はGoogleにもそうしたさまざまな「特殊検索」機能が内蔵されている。今回はその中でも日常業務に役立つものに絞って使い方を解説していこう。

出発地と目的地を「から」でつないで路線検索

 打ち合わせや出張に行く際,もっともよく利用するサービスは,目的地までどういう交通機関を使っていくかという「路線検索」サービスと目的地がどこにあるか調べる「地図検索」サービスだろう。

 実はGoogleにはどちらの検索機能も用意されている。路線検索をGoogleのページ上から行うには最初に「乗り換え」という単語を入力し,その後,出発駅と到着駅をスペースで区切って入力すればOKだ。例えば新宿駅から横浜駅に向かいたい場合「乗り換え 新宿 横浜 」で検索すればいい。

 すると,検索結果の一番上に「新宿から横浜の乗り換え案内」というデータが表示され,駅前探険倶楽部えきから時刻表へのリンクが表示される。どちらかのリンクをクリックすると,それらのサービスで路線検索した結果のページにジャンプできる。

 路線検索にはもう1つ方法がある。出発駅と到着駅を「から」で結んで検索しても同じ結果が出るのだ。つまり「新宿から横浜」で検索すればOKということだ。こちらの方法はいちいち「乗り換え」と駅名をスペースで区切る必要がないため,素早く路線検索を行える。慣れた人はこちらを使った方がいいだろう。


地図検索は目的地の住所を入力するだけ

 一方,地図検索をGoogleから呼び出すのも簡単。目的地の住所を番地までそのまま入力して検索するだけでOKなのだ。

 例えば,東京都港区白金1丁目17番3号にある日経BP社に行きたい場合,検索語入力欄に「東京都港区白金1丁目17番3号」もしくは「東京都港区白金1-17-3」と入力すればいい。

 検索を実行すると,検索結果の一番上に「Googleマップ」という地図サービスへのリンクが表示される。それをクリックするとその住所の地図が表示される。表示された地図は右上にある「印刷」というリンクをクリックするとそのまま印刷できる。さらに,画面右上の「このページのリンク」をマウスの右ボタンでクリックして表示中の地図のURLをコピーすれば,そのURLをメール本文に貼り付けて,他人に目的地の地図を簡単に伝えられる。メールを送るには,同じく地図の右上にある「メール」をマウスの左ボタンでクリックするだけでいい。覚えておくと便利だろう。


株価や辞書も簡単な入力だけで検索可能

 そのほかにも,便利な検索機能がある。ある会社の株価を検索したい場合は,「株価」という単語をまず入力し,その後スペースで区切って,探している企業名(正式名称)を入力する。

 例えば,松下電器の株価は,「株価 松下電器産業」で調べることができる。

 株価ではなく上場企業の会社情報を調べたい場合は「株価」という単語をまず入力し,その後スペースで区切って,探している企業名(正式名称)を入力する。例えば,ソニーの企業情報は「会社情報 ソニー」で調べる。すると,株価だけでなく収益財務指標や決算情報,人事情報などの詳しい情報が手に入る。

 簡単な辞書検索も用意されている。例えば,英和辞典でPublishingという英単語の日本語訳を検索したい場合は,「英和 Publishing」と入力する。和英辞書で粉飾決算という日本語の英訳を調べる場合も,「和英 粉飾決算」と入力するだけでいい。

 このようにGoogleには,さまざまな特殊検索機能が日々追加されている。普段からGoogleをよく利用する人は,これら「ポータルサイト的」な便利サービスを積極的に活用すれば,目的に応じてYahoo!とGoogleを使い分ける必要がなくなるだろう。

■津田 大介 (つだ だいすけ)

【略歴】
1973年東京都生まれ。週刊誌,インターネット誌,ビジネス誌,音楽誌などを中心に幅広いジャンルで執筆。ここ数年はネットカルチャーやネットワーク時代の音楽の在り方について多くの原稿を寄稿。主な著書は,目的別にGoogleの活用法を解説した『ググる』,ネット通販サイト「Amazon」の活用法を解説した『アマゾる』(両書とも毎日コミュニケーションズ刊)など。

【関連URL】
音楽配信を中心としたデジタルコンテンツ流通,著作権問題などの関連ニュースを集めた情報サイト「音楽配信メモ」(http://xtc.bz/)も運営している。