PR


印刷したい表のセルを範囲選択→「ファイル」→「印刷」
→「印刷対象」で「選択した部分」をチェック

 Excelで表を作る際に、本来作りたい表のほかに、データ参照や計算用の別表を同じシート内に作ることがある。「納品データ」の表で、顧客名を参照するために「顧客リスト」の表を横に作成するケースなどがこれに当たる。こうしたシートを普通に印刷すると、参照用の表まで印刷されてしまうが、ここで本来必要な表だけを印刷することはできないのだろうか。

 実はExcelでは、1枚のシート中にある複数の表から,必要な表だけを選んで印刷することができる。

 操作は非常に簡単だ。印刷したい表をドラグして選択し、「ファイル」メニューから「印刷」を選び、「印刷対象」欄で「選択した部分」を選べばよい。実際に印刷する前に、「印刷プレビュー」で確認すると安心だ。

 この操作をマスターすれば、例えば1枚の用紙に収まりきらないほど大きな集計表を作るときでも、同じやり方で、表の一部だけを印刷することができる。その他にもさまざまな利用シーンが考えられるのでぜひ覚えておこう。

図1●二つある表のうち、右側は「顧客名」を参照するための表だ。ここでは、左にある「納品データ」の表だけを印刷したい

図2●印刷する表をドラグして選択する

図3●「ファイル」メニューから「印刷」を選ぶ

図4●「印刷対象」欄の「選択した部分」をオンにする(1)。念のため「印刷プレビュー」ボタンを押して、指定した表だけが正しく印刷されるか確認してみよう(2)

図5●印刷プレビューしてみると,必要な表だけが印刷されることが分かる。あとは「印刷」ボタンを押せばよい


※この記事はExcel 2002(Office XP)をもとに執筆しています。

■岡野 幸治 (おかの こうじ)

フリーランスライター。「日経PC21」「日経PCビギナーズ」などでパソコン関連の活用記事を中心に執筆中。