PR

分数を入力するセルを範囲選択→右クリック→「セルの書式設定」→「表示形式」で「分数」を選択

 Excelで分数を入力する際に,「0」と「半角スペース」のキー操作で簡単に行う方法については,すでに紹介した 。ところが,分数を入力するセル範囲が広い場合や,あらかじめ分数を入力する範囲が決まっている場合には,もっと簡単で便利な方法があるので紹介しておこう。

 それは,あらかじめセル範囲に分数を入力するように書式を設定しておくやり方だ。

 操作はいたって簡単だ。まず分数を入力するセル範囲をドラグで選択し,その範囲のどこかで右クリックし,「セルの書式設定」を選ぶ。「セルの書式設定」画面が開くので,「表示形式」タブで「分数」を選べば操作は完了だ。これでセルの表示形式が分数に設定されたので,「2/3」と入力しただけで,「2月3日」ではなく分数として表示されるようになる。

図1●分数を表示させたいセルをドラグし(1),選択したセルのどこかを右クリック(2)。そこで「セルの書式設定」を選ぶ(3)

図2●「表示形式」タブで「分数」を選び(1),「OK」をクリック(2)

図3●「0 2/3」のような形式ではなく,普通に「2/3」と分数を入力

図4●「2月3日」ではなく,「2/3」と表示された

※この記事はExcel 2002(Office XP)をもとに執筆しています。

【この連載について】

 3月29日より,仕事のさまざまなシーンで役立つExcelのテクニックを紹介する連載記事「3分でわかる!仕事に役立つExcelテクニック」をスタートしました。

 Excelは仕事のツールとしては非常にポピュラーなソフトですが,多機能がゆえに,その便利な機能を十分に使いこなせていない人が非常に多いのではないでしょうか。そこでこの連載では,“操作自体は決して難しいものではないけれど,意外と知られていない”というExcelの便利な操作方法を厳選し,毎週1~2本のペースで紹介していきます。ぜひご期待ください!

■岡野 幸治 (おかの こうじ)

フリーランスライター。「日経PC21」「日経PCビギナーズ」などでパソコン関連の活用記事を中心に執筆中。