PR

「Ctrl」+「;」(日付入力) / 「Ctrl」+「:」(現在時刻入力)

 請求書や納品書など、今日の日付を入力する必要のある書類は結構多いもの。そんなときに,いちいちカレンダーを見て、「今日は何日だっけ?」と確認して「4/14」のように日付を手入力するのは時間の無駄だ。Excelでは「Ctrl」キーを押しながら、「;」(セミコロン)キーを押すだけで,今日の日付が自動で入力されるのだ。このテクニックを覚えておけば,今日の日付を思い出せなくても大丈夫!

 日付と同様に、勤怠表など、現在の時刻を入力するケースも多い。これもいちいち時計を確認せずに決まったキー操作だけで済ませられる。この場合は、「Ctrl」キーを押しながら、「:」(コロン)キーを押せばよい。

請求書に今日の日付を入力したい
図1●日付を入力したいセルを選択し、「Ctrl」キーを押しながら「;」(セミコロン)キーを押す。これで、今日の日付が自動的に入力される

勤怠表の出勤時刻に、現在の時刻を入力したい
図2●セルを選択し、「Ctrl」キーを押しながら「:」(コロン)キーを押す。これで、現在の時刻が自動的に入力される

※この記事はExcel 2002(Office XP)をもとに執筆しています。

■岡野 幸治 (おかの こうじ)

フリーランスライター。「日経PC21」「日経PCビギナーズ」などでパソコン関連の活用記事を中心に執筆中。