PR

行や列を選択→右クリック→「表示しない」

テクニックその1: 右クリックで「表示しない」を選ぶだけの簡単ワザ

 顧客名簿で重要な個人データを一時的に見えなくしたり,大きな集計表で途中のデータを隠して必要な部分だけを表示させるなど,特定の行や列を一時的に非表示にしたくなることは多い。今回は,こうした目的を実現する二つのテクニックを紹介しよう。

 一つめは,表示させない行や列をその都度指定する方法だ(図1)。行番号や列番号をクリックまたはドラグすると,該当する行や列を丸ごと選択できる。この方法で,隠したい行か列を選択したら,選んだ部分のどこかを右クリックして「表示しない」を選ぶ。これだけで,選択した行または列が非表示になる(図2)

 もう一度表示させるときの操作も同様だ。隠された部分の前後にある行または列を選択し,選んだ部分を右クリックして,「再表示」を選べばよい(図3)。いつでも手軽に行や列を選んで隠すことができるので,ぜひ覚えておいて損のないテクニックだ。

図1●特定の行または列のデータを一時的に隠したいことがある。こんなときは,行や列を非表示にする機能を使うとよい

●特定の行や列を非表示にするには…
図2●行番号か列番号をクリックまたはドラグして隠したいデータを選択したら(1),選んだ部分のどこかを右クリックし(2),「表示しない」を選ぶ(3)。これで図1のように非表示にできる

●いったん非表示にした行や列をもとに戻すには…
図3●いったん非常にした行や列をもう一度表示させるには,隠した部分の前後の行または列を選択し(1),選んだ部分を右クリックし(2),「再表示」を選ぶ(3)。これでOKだ