PR

セルを右クリック→「セルの書式設定」
→「配置」タブで「横位置」を「両端揃え」に

 ある程度Excelの操作に慣れている人なら,セル内に長い文章を入力する方法はご存知だと思うが,いざ実際にセルに入力された文章の見栄えがいま一つ,ということは多い。実はセル内に文章を入れる際の設定方法で,仕上がりに微妙な差が出てくるのだ。

 同じ手間をかけるなら,ビシっと配置を整えたい。そこでこの記事では,(1)セル内で文章を折り返し,(2)好きな位置で改行,(3)右端をぴったり揃える,という三つの条件(図1)を満たすベストの方法を紹介しよう。

図1●Excelでセル内に文章を入力する際に,見栄えよくセルに収めるにはどうすればよいだろうか

セルの書式設定で「両端揃え」がポイント

 まずは,文章を入力するセルを右クリックして,「セルの書式設定」を選ぶ(図2)。そして,「配置」タブで,「横位置」を「両端揃え」,「縦位置」を「上詰め」に設定する(図3)。この「両端揃え」が一つのポイントなので,しっかり覚えておこう

図2●文章を入力するセルを右クリックし(1),「セルの書式設定」を選ぶ(2)

図3●「配置」タブで,「横位置」を「両端揃え」に(1),「縦位置」を「上詰め」に設定する(2)