PR

目的のセルに「=CEILING(数値,基準値)」を入力
目的のセルに「=FLOOR(数値,基準値)」を入力

 飲料や文房具などの商品を大量に購入する場合,ケース単位での発注となることが多い。そこで必要な個数だけ購入するには何ケース発注すればよいかを調べるために利用できるのが,“切り上げ”“切り下げ”を行う「CEILING(シーリング)関数」と「FLOOR(フロア)関数」だ。

発注が“ケース単位”ならCEILING関数で“切り上げ”

 商品がケース単位でしか購入できないときは,「CEILING関数」を利用する。この関数で求められるのは,実際に購入しなければならない個数(図1)。例えばケースが15個入りで今回は73個商品が欲しい場合は,CEILING関数を使えば「75個(=5ケース)」が求められることになる。

 この場合,CEILING関数で必要とする情報は,「1ケースに入っている個数」と「今回必要な個数」。先ほどの例を図1で見てみると,B3セルに「15」,後者としてC3セルに「73」を入力し,D3セルに「=CEILING(C3,B3)」と入力すれば,「73」を「15」単位で切り上げて「75」という結果が得られる(図2)。これで,商品を73個購入するには,ケース単位で75個分を注文しなければならないことが分かる,というわけだ。そしてその隣の「発注するケース数」欄に「=D3/B3」と入力すれば,「(発注しなければならない個数)÷(1ケースに入っている個数)」が計算されるので,実際に発注すべきケース数,すなわち「5」が求められる(図3,図4)。

図1●ケース単位でしか購入できない商品で,必要な個数を得るためには,実際に何個分購入しなければならないかを求めたい

図2●CEILING関数を使い,「数値」「基準値」の順に入力する。「数値」とは今回必要な個数,「基準値」とは1ケース当たりの個数のことだ。すると,実際には何個分を購入しなければならないかが表示される

図3●「発注するケース数」欄に「=D3/B3」のように入力する。ここでは「D3」が発注しなければならない個数,「B3」が1ケースに入っている個数だ。これで発注するケース数が求められる

図4●求めたセルをドラグして選択し,セルの右下を下方向にドラグすると,数式がコピーされる