PR

「ツール」→「オプション」→「表示」タブで「ゼロ値」をオフに

 Excelで帳票や見積書などを作ると,合計額などが自動計算できるので,とても便利だ。例えば,「金額」欄に「=(数量を入力したセル番地)*(単価を入力したセル番地)」と設定しておけば,数量と単価を入力するだけで,合計額が自動算出される。

 しかし,見栄えの面では問題もある。このような計算式を設定しておくと,数量や単価を入力していないところでも,「金額」欄には,「0」と表示されてしまうのだ(図1)。

図1●「金額」欄には,「=(数量を入力したセル番地)*(単価を入力したセル番地)」と設定した。すると,数量や単価を入力していないところでも,金額欄に「0」と表示されてしまう。この目障りな「0」を非表示にするには,どうすればよいだろうか

「ゼロ値」」の非表示を設定する

 実は,こうした不要な「ゼロ値」は,簡単に非表示にすることができる。「ツール」メニューから「オプション」を選び,設定画面の「表示」タブで,「ゼロ値」をオフにするだけでよい(図2,図3)。あらかじめこのように設定しておけば,余計な「0」が表示されなくなる。これで帳票や見積書がすっきりするはずだ(図4)。

図2●「ツール」メニューから「オプション」を選択する

図3●「表示」タブで「ゼロ値」をオフにする

図4●これで本来表示したくない「ゼロ値」が表示されなくなる

※この記事はExcel 2002(Office XP)をもとに執筆しています。

■岡野 幸治 (おかの こうじ)

フリーランスライター。「日経PC21」「日経PCビギナーズ」などでパソコン関連の活用記事を中心に執筆中。