PR

表の範囲をドラグ→「書式」メニュー→「オートフォーマット」

 Excelで表を作成する際に,とりあえずデータを入力してから表としての体裁を整えることは多い。しかしこれが意外と面倒だ。凝った表を作ろうと思っても,一から表の体裁や色遣いを考えるのが難しいうえ,体裁を整える作業でかなり時間を浪費してしまう。そこで今回は,Excelがあらかじめ用意している“きれいな”表の体裁を一発操作で適用する方法を紹介しよう。

 操作自体はメニューのある場所さえ知ってしまえばとても簡単だ。表のデータを入力したら,表の範囲をドラグして選択し,「書式」メニューから「オートフォーマット」を選ぶ(図1,図2)。すると,様々なサンプルが表示されるので,気に入ったパターンを選び,「OK」ボタンを押す(図3)。これだけの操作で,表の形式をきれいに整えることができるのだ(図4)。Excelがあらかじめ用意しているサンプルには,20を超えるバリエーションがあるので,きっと気に入るものが見つかるはずだ。

図1●データを入力した後で,手間をかけずに表の形式を整えたい。どうすればいいだろうか

図2●表の範囲をドラグして選択し(1),「書式」メニューから「オートフォーマット」を選ぶ

図3●Excelがあらかじめ用意している表のサンプルパターンが表示されるので,気に入ったものをクリックし(1),「OK」を押す(2)

図4●これだけの操作で表の形式が整えられ,“きれいな”表が完成する

※この記事はExcel 2002(Office XP)をもとに執筆しています。

■岡野 幸治 (おかの こうじ)

フリーランスライター。「日経PC21」「日経PCビギナーズ」などでパソコン関連の活用記事を中心に執筆中。