PR

シートタブの左にある操作ボタンを右クリック→目的のシート名を選択

 Excelの強みは,1つのファイルにシートをどんどん追加できること(関連記事:「Shift」+「F11」キーで新しいシートを追加する)。しかしいい気になってシートをたくさん増やしすぎると,シートタブが表示しきれなくなり,目的のシートを探すのが面倒になってしまう(図1)。そこで今回は,こんなときに便利なとっておきのウラ技として,シート名を一覧表示させてそこから目的のシートにジャンプする方法を紹介しよう。

図1●たくさんのシートを含むファイルで,目的のシートに簡単に移動するにはどうすればよいだろうか

 やり方は簡単だ。シート名の左にある操作ボタンのどれかを右クリックすると,シート名の一覧が表示される。そこで,目的のシート名をクリックすると,そのシートに切り替わるのだ(図2)。

 ただし,一覧表示できるシートの数は16まで。それ以上になると,一覧の最下部に「シートの選択」という項目ができる。そこで,一覧表示されなかったシートを選ぶには,「シートの選択」を選び,開く画面で選択すればよい(図3)。

図2●シート名の左にある操作ボタン上を右クリックし(1),表示されたシート名の一覧で,目的のシートを選択する(2)。これだけの操作で,目的のシートに一発で移動できる

図3●シートが16枚より多い場合は,図2で「シートの選択」を選ぶと「シートの選択」画面が表示され,図2で示されなかったシートも選ぶことができる

※この記事はExcel 2002(Office XP)をもとに執筆しています。

■岡野 幸治 (おかの こうじ)

フリーランスライター。「日経PC21」「日経PCビギナーズ」などでパソコン関連の活用記事を中心に執筆中。