PR

表の「郵便番号」欄を選択→「ツール」→「ウィザード」→「郵便番号変換」

 Excelで顧客名簿を作る際の住所データ入力は,少しでも手間を省きたいものだ。もし,入力した郵便番号データを基に,都道府県から町名までを自動生成できるとしたら,その省力化の効果は計り知れない(図1)。そんな効率化を実現してくれるのが,「郵便番号変換ウィザード」だ。

図1●Excelの表に入力済みの郵便番号から住所を自動生成する。「郵便番号変換ウィザード」を使えば,それが一発でできるのだ

「郵便番号変換ウィザード」をダウンロード

 「郵便番号変換ウィザード」は,エクセルの標準機能ではなく,マイクロソフトが無償公開しているExcelアドインだ。Excelアドインとは,エクセルを使いやすくするために,後から追加できる機能を指す。

 まずは,必要なファイル2つを入手しよう。最初に,マイクロソフトの「Excelアドイン:郵便番号変換ウィザード」のサイトを開く(図2)。そして,そこから「zipcode7」というファイルをダウンロードして,インストールする(図3)。次に,図2のページから「Office更新プログラム:郵便番号辞書」のページを開き,最新バージョンの辞書ファイルをダウンロードしてインストールする(図4~図6)。

図2●マイクロソフトの「Excelアドイン:郵便番号変換ウィザード」のサイトを開き,「ダウンロード」をクリックして,ファイルをダウンロードする

図3●ダウンロードしたプログラムファイル「zipcode7」をダブルクリックするとウィザードが開くので,「はい」をクリックしてインストールする

図4●図2で「関連リソース」をクリックし,表示されたページで「Officeアップデート:郵便番号辞書」をクリック

図5●「Office更新プログラム:郵便番号辞書」のページが表示されるので,「ダウンロード」を押して,ファイルをダウンロードする

図6●ダウンロードした辞書ファイル(現在は「zd200711」)をダブルクリックするとウィザードが開くので,「はい」をクリックしてインストールする

 Excelアドインは,インストールしただけでは使えない。そこで,「ツール」メニューから「アドイン」を選び,開く画面で「郵便番号変換ウィザード」にチェックを付けよう(図7,図8)。

図7●Excelを起動し,「ツール」メニューから「アドイン」を選択する

図8●「郵便番号変換ウィザード」にチェックを付ける