PR

 「Amazon.co.jp」(http://www.amazon.co.jp/)を運営するアマゾン ジャパンは11月17日より、スポーツ関連商品を販売する「スポーツ」ストアを開始した。アマゾンは米国を含む約7カ国で事業を展開しているが、「スポーツ」ストアの開設は米国以外では初めてになる。国内でオープンさせたストアはこれで10個目。

 カテゴリーはゴルフ、アウトドア、釣り、野球、サッカー、テニスなど約17種で、商品数は約10万点。取り扱うメーカーは約600社。常時10~20%の割引を行う。特にゴルフ商品については最大20%のAmazonギフト券を還元する。商品はメーカーや価格、男女別といった検索が可能で、サイズ、色、機能などは表示している画面上でプルダウンメニューから選択できる。ほかのストアと同様、1500円以上の購入で国内配送料は無料になる。

 米国のAmazon.comでは同様の「Sports & Outdoors」ストアを2003年にオープン。開始時は50種類のカテゴリーで約30万点の商品を取り扱っていたが、2005年では80種類で、約100万点にまで拡大。主要とされるスポーツ以外の製品も扱っており、クリケット、フィールドホッケー、フェンシング、ポロなど「顧客のニーズは実に多岐にわたっている」(米Amazon.com、スポーツ&アウトドア ディレクターのジェイソン・ゴールドバーガー氏)という。