PR

 楽天は10月13日、子会社2社を通じ、東京放送(TBS)の株式2938万株(発行済み株式の15.46%)を総額880億円で取得したと発表。TBS経営陣に対し、共同持ち株会社を用いた統合を申し入れたことも明らかにした。

 楽天の三木谷浩社長は「持ち株会社形式を取ることで2社の独立性を保ちつつ、事業を補完していきたい。世界に通用するメディア企業グループを形成できる」と今回の提案の狙いを説明した。楽天側ではテレビCMとネットを連動させ、広告価値を上げるなど、具体的な協業の効果を訴え、TBS側の回答を待つ方針だ。

 また、TBSの井上弘社長は同日、会見し、楽天の申し入れについて、社内外を含め検討するが、楽天と協議する段階ではないと説明した。