PR

 ヤフーは10月13日、パソコンや携帯電話向けにデジタルコンテンツ購入サイト「Yahoo!コンテンツストア」を新設。既存の「Yahoo!ウォレット」という課金システムを活用した、デジタルコンテンツの課金管理・決済代行サービスに本格参入したと発表した。同ストアにはパソコン用と携帯電話用があり、携帯電話はキャリアを問わない。サイバードやインデックス、バンダイネットワークスなど既に携帯電話向けにコンテンツを提供している各社などが参画。占いやゲーム、電子書籍、金融情報など、同日現在で59社120タイトルを同ストアに集め、購入できるようにした。ヤフーは、来年ともされる携帯電話の「番号ポータビリティ」制導入をにらみ、キャリアを変えてもコンテンツがそのまま利用できる点をアピールしていく。