PR

 米マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEO が来日、今後の製品予定や同社の方針などについて記者会見を行った。同氏は「今年は創業以来、最も多くの重要な製品を展開する年の一つ」と話した。

 12月9日には、日本でのWindows発売とマイクロソフト日本法人設立が20周年を迎えることを記念して、9999本限定で「Windows XP Professional アップグレードWindows 20周年記念パッケージ」(2万8140円)を発売する。同ソフトのCDに加えて、次世代OS「Windows Vista」のプレビュー版や記念切手などを提供する。また、11月16日から2006年1月31日の間にWindows XPのパッケージ版を購入したユーザーを対象に、4000円のキャッシュバックを実施する。

 12月10日には次世代のゲーム機「Xbox360」が発売となる。「現在、200以上のゲームを開発中。開発者やユーザーからの反応も良く、(売れ行きに関しては)楽観的に見ている」(同氏)。

 企業向け製品では、11月17日に「SQL Server 2005」「Visual Studio 2005」「BizTalk Server 2006」を発表する。2006年内には、中小企業向けの業務ソフト市場に参入。「Microsoft Dynamics」を販売することも明らかにした。