PR

 BIGLOBEは11月30日、迷惑メール対策強化のために送信ドメイン認証技術SPF(Sender Policy Framework)を導入した。最近多い、送信元ドメインを詐称する迷惑メールを検知することが狙い。まずBIGLOBEのメールサーバーのIPアドレスとドメイン名を、同社のDNSサーバー上で公開。BIGLOBEドメインからメールを受信した他社のメールサーバーが、メール送信元のIPアドレスをそのDNSサーバーに参照することで、正当性を検証できるようにする。

 今回はBIGLOBEが送信するメールへの対策であるが、受信メールに対しても2006年4月までに対策を講じる。具体的には、BIGLOBE側に、他社の実施したSPFの認証を判別する機能をつけるという。