PR

 セブン&アイ・ホールディングスは2007年春をめどに、非接触ICチップ搭載カードを利用する独自の電子マネーを発行すると発表した。同時に、セブン-イレブン、イトーヨーカドー、デニーズなどのグループ会社で利用できるポイントサービスの導入についても検討を開始する。発行枚数は1000万枚規模、利用可能な店舗は2007年度中に国内1万2500店になる見通し。

 代表的な電子マネーにはEdy、Suicaがあるが、セブン&アイでは「発行主体を明確にして顧客に安心感を持ってもらうと共に提携戦略も含め選択肢を残す」(氏家忠彦セブン&アイ・ホールディングス取締役)ため、独自方式を選択した。現時点で携帯電話で利用可能な「おサイフケータイ」への対応は検討していない。