PR

 マイクロソフトは12月10日、新型ゲーム機「Xbox 360(エックスボックスサンロクマル)の販売を開始した。これに合わせ同日午前6時45分から、東京・渋谷の「SHIBUYA TSUTAYA」店頭にて、発売カウントダウンセレモニーを開催。出席した日本法人のXbox事業部本部長の丸山嘉浩氏は「全世界で2006年3月までに300万台、6月までに550万台の出荷を目指す」と語った。

 ただし、エンターブレインが12月13日に発表した速報値によると、発売から3日間のXbox 360本体の推定販売台数は6万2135台に留まっている。この数字は、2002年2月22日に発売された先代Xboxの約半分。販売台数の目標達成は、少々高いハードルとなりそう。年末年始商戦での巻き返しが必須の情勢だ。