PR

 NECは12月7日、電極を薄膜化することで、厚さが0.3mmと薄い二次電池を開発したことを発表した。正極にゲル状態(電解液が浸透し固体と液体の中間状態にある状態)の「有機ラジカル材料」を採用しており、自由に曲げることも可能。電気化学反応が速い有機ラジカル材料を採用したことなどで、高速充電(30秒以内)もできる。将来は衣服に装着して、ウェアラブルPCの電源としての活用も考えられるという。薄型なので、ICカードや電子ペーパーにも内蔵できる。人や動物に装着できる小型のアクティブ型RFIDタグに利用すれば、リアルタイムでの位置情報の検知も可能。