PR

 米国の大手映画会社各社は早ければ3月にも北米で次世代光ディスクに対応したコンテンツを発売する。米ラスベガスで開催された2006 International CES(Consumer Electronics Show)で発表した。

 HD DVDでは150作品以上、Blu-rayDisc(以下BD)では100作品以上の映画や音楽コンテンツが発売される見通し。両規格へのサポートを表明しているワーナー・ブラザーズ・エンタテインメント、パラマウント・ピクチャーズでは同じ作品を両規格で発売する計画を明らかにしている。

 北米では東芝が3月にHD DVDプレーヤーを発売する。今春にはソニー・コンピュータエンタテインメントがBD対応のPLAYSTATION 3を、5月にはパイオニアがBDプレーヤーをそれぞれ発売する。