PR

 日立製作所は2005年12月15日、2006年4月1日付けで、古川一夫・代表執行役副社長が代表執行役社長に就任し、庄山悦彦社長が会長に就任する人事を発表した。

 古川氏は59歳で、庄山氏より10歳若い。古川氏は現在、情報・通信グループなどを統括している。会見で同氏は、独自技術を搭載した製品を積極的に投入する方針を表明。パソコン事業についても「認証技術を搭載した企業向けのセキュリティパソコンや、地上デジタル機能を搭載したパソコンなど他社にはない特徴を打ち出していく」と述べた。