PR

 パソコン販売店のソフマップは1月26日、東京・秋葉原や大阪・日本橋、新潟、広島など合計8店舗の閉鎖を発表した。単価の下落や競合の激化で売り上げが低迷したことから、店舗の再編で業績改善を目指す。

 2月26日には日本橋で「4号店」「5号店」を、3~5月にかけて秋葉原のゲーム専門店など3店舗を、5月14日には新宿、新潟、広島の大型店を閉鎖する。

 ソフマップは1月5日、量販店のビックカメラとの資本提携で同社の子会社となることを公表。社長にはビックカメラ取締役関連事業部長だった野口進氏を迎えた。今回の店舗閉鎖は、新たな経営陣のもとで再建計画の一端として決議したもの。今後も収益性や将来性を踏まえて店舗再編を進めるという。