PR

 マイクロソフトは次期OS「Windows Vista」に合わせて、「Expression」というファミリー名のデザインソフトを開発中だ。同社がこの分野に進出することにはどんな意味があるのか。米マイクロソフトの責任者に話を聞いた。

■なぜ今、デザインが重要なのか。

 ソフトの機能が成熟し、見た目や使いやすさに焦点が移っているからだ。高性能なハードや、Vistaの優れた描画機能など、リッチな画面描画をするための技術的な基盤も整ってきた。それだけの環境を有効に活用してソフトを作るには、デザイナーの活躍が不可欠だ。

■Expressionはどんなソフトか。

 デザイナーとプログラマーをつなぐソフトだ。今は両者がうまく連携できていないため、ユーザーが使いやすく、また使いたいと思えるソフトが生まれにくい。Expressionはデザイナーがデザインした結果をXML形式(XAMLと呼ばれる)で出力することで、両者の連携を容易にする。XAMLのデータは、プログラマー向けの開発ツールでも読み込める。こうすれば、デザインも機能も優れたソフトが生まれるだろう。