PR

 アップルコンピュータは2月22日、インテルのデュアルコアCPU「Core Duo」を搭載するハイエンドノート「MacBook Pro」の出荷を始めた。

 インテルCPUを搭載するMacintoshは、すでに一体型デスクトップの「iMac」が1月に登場済み。ノート型ではMacBook Proが初搭載となる。

 MacintoshのCPUは従来、米IBMなどと共同開発した「PowerPC」を搭載していた。PowerPC G4を搭載する既存のノート「PowerBook G4」に比べて、4倍高速になったという。厚さは2.59cmで、Macintoshのノートでは最も薄い。

 店頭で購入できるラインアップとしては2モデルを用意。CPUの動作周波数が1.83GHzで、メモリー容量が512MBのモデルが24万9800円。CPUの動作周波数が2GHzで、メモリー容量が1GBのモデルが30万9800円。どちらも15.4インチ横型の液晶を備える。さらに、アップルのオンラインストアでは、BTOオプションとして、CPUの動作周波数が2.16GHzのCore Duoへのアップグレードなどが可能となる。

 OSは最新版のMac OS X 10.4.4 Tiger。音楽管理ソフト「iTunes」や画像管理ソフト「iPhoto」などがパッケージになった「iLife'06」のほか、同梱のリモコンで音楽や画像を手軽に楽しめるソフト「Front Row」を搭載している。