PR

 マウスコンピューターブランドで低価格パソコンを中心に販売しているMCJは2月28日、創業者である高島勇二社長が会長となる人事を発表した。高島氏はMCJグループ全体の経営全般を統括し、新たに社長となる浅貝武司氏がパソコン事業を管理する。

 MCJは2005年9月に技術系出版社の秀和システムを子会社化、2006年1月にはディスプレイ販売のイーヤマ販売を子会社化するなど業態を拡大しつつある。今後は、事業持株会社として、傘下の企業を運営していく方針を明らかにしており、社長交代は持株会社への移行を見越した体制強化の一環としている。