PR

 総務省は3月3日、IP電話の利用数が2005年12月末時点で1000万件を突破したと発表した。

 2005年12月末時点でIP電話の利用数は1060万4000件。9月末時点から比べると3カ月で85万2000件増加。前年同期比では35.4%増となっている。IP電話の利用数は継続的に毎月約30万件のペースで増加中だ。ただし、利用数は050や0AB-Jの電話番号の数を集計したもので、厳密な契約数とは異なる。