PR

 3月8日、TDKは記録型のCDとDVDの生産から撤退すると発表した。これに伴い、ヨーロッパにある製造部門を2006年5月末をめどに閉鎖する。記録型CD/DVDの急速な価格下落で事業が悪化した。

 今後、汎用タイプの記録型CD/DVDに関しては社外へのOEMに移行。次世代DVD規格のBlu-ray Diskの研究開発は引き続き千曲川テクノ工場(長野県佐久市)で行う。

 今回の記録型CD/DVDの生産撤退で新たに発生する費用は約80億円。これに伴い、2006年1月30日に公表した第3四半期決算発表時の当期連結業績予想を下方修正した。