PR

 USENは2006年4月18日、無料動画配信サービス「GyaO」と、ライブドアのポータルサイト「livedoor」のユーザーIDを連携させると発表した。5月末にも実現させる。

 GyaOでは現在「MyGyaO」として個人のページを持てるようになっている。MyGyaOのページを使うと、途中で動画再生を停止しても次回視聴時に続きから見られたり、見たい番組を自分の番組リストに登録できる。

 今回の連携は、このMyGyaOで登録した際のユーザーIDとパスワードを、livedoor内で利用するユーザーIDとパスワードと連携させるというもの。連携後には、ユーザーはGyaOかlivedoorのどちらか一つのサービスに登録すれば、両方のサービスが利用できるようになる。ただし、GyaOとlivedoorで収集している会員情報が違うため、現在すでにどちらかに登録しているユーザーには「連携開始後の初回アクセス時にその差分を入力してもらう作業が生じる可能性がある」(USEN)という。

 今後は「livedoor ブログ」やlivedoorのSNS「frepa」と、GyaOの「映像ブログ」とを連携させるサービスなども検討している。