PR

 日立グローバルストレージテクノロジーズ(日立GST)は2006年5月17日、垂直磁気記録方式を採用した2.5インチHDD「Travelstar 5K160」を発表、同日出荷を開始した。同社が垂直磁気記録方式のHDDを出荷するのはこれが初めて。

 Travelstar 5K160は、記録密度が131.5ギガビット/平方インチで、ディスク1枚当たりの記録容量は80GB。これを2枚搭載することで、最大容量は160GBとなる。現行製品の長手記録方式を採用した「Travelstar 5K100」は最大容量が100GBなので、Travelstar 5K160で50%以上の容量アップを実現したことになる。回転速度は5400回転/分。インタフェースの違いでUltra ATAモデルとシリアルATAモデルがある。

 日立GSTは垂直磁気記録の研究開発に積極的なメーカーの一つ。一方で、製品の市場投入は先行する米シーゲイト・テクノロジーなどに後れを取っていた。今回、Travelstar 5K160の出荷開始で、垂直磁気記録を採用したHDDの市場投入を一気に加速する構えだ。