PR

 NECは2006年5月26日、7月に分社化する予定のインターネットプロバイダー事業「BIGLOBE」の社長にNEC取締役・執行役員専務の鈴木俊一氏が就任すると発表した。NECは2006年3月28日にBIGLOBE部門の分社化を発表。NECのほか住友商事や大和証券グループ本社、三井住友銀行などが出資して「NECビッグローブ」を設立し、7月から営業を開始する予定(関連情報)

 3月の発表時にはNEC執行役員専務の片山徹氏がNECビッグローブの社長に就任する予定だった。しかし、片山氏が6月にNECフィールディングの社長に就任することになったため、NECビッグローブの社長は未定となっていた。

■変更履歴
記事掲載当初、新会社の社名が「NECビックローブ」になっていました。正しくは「NECビッグローブ」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。[2006/05/26 16:55]