PR

 KDDIは2006年6月13日、同社が提供するインターネットサービス「DION」の顧客情報399万6789人分が外部に流出していたと発表した。流出が確認されたのは、2003年12月18日までにDIONに申込みをした顧客の、当時の名前、住所、電話番号。このうち2万6493人分が性別情報、9万8150人分が生年月日、44万7175人分が連絡先として登録したメールアドレスを含んでいた。口座番号などの信用情報、DIONのメールアドレスやパスワード、通信記録は流出していない。

 流出が確認された利用者に対しては、KDDIが把握しているメールアドレス、住所を元に、メールもしくは文書で流出の事実を伝えるとと共に謝罪を行う。今回の顧客情報流出に関する専用の電話問い合わせ窓口も設置する。電話番号は0077-78-9100(午前9時から午後8時まで、土日・祭日も受付)。

 今回の顧客情報流出は、2人の男が流出した顧客情報をKDDIに持ち込み、金銭を要求したことから明らかになった。顧客情報を持ち込んだ男らは恐喝未遂容疑で逮捕された。

 KDDIでは引き続き顧客情報の流出経路などの調査を続け、原因の解明に取り組むとしている。