PR

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)、日本音楽著作権協会(JASRAC)は2006年11月28日、ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」による被害金額を発表した。Winnyネットワーク上で流通している音楽ファイル、ソフトウエアなど合わせて被害額は約100億円相当と算出した。

 実態調査は2006年10月10日の18時から24時まで6時間実施。この調査期間で少なくとも21万人がWinnyを利用しており、音楽は約61万ファイル、ビジネスソフトウエアは約61万タイトル、ゲームソフトウエアは約117万タイトル、アニメーションは約18万タイトル、コミックは約159万タイトル流通していたという。

 被害額は音楽が約4億4000万円、ビジネスソフトウエアが約19億5000万円、ゲームソフトウエアが約51億3000万円、アニメーションが約17億2000万円、コミックが約7億円で計99億4000万円。このうち音楽はファイルによって1曲であったり、アルバム全曲が圧縮して入っていたりするケースがあるため、1ファイル当たりJASRAC管理楽曲を7曲と想定。月額使用料換算で算出した。そのほかのファイルについては圧縮ファイルの中もすべて調査し、平均価格から被害額を算出した。

 今回の調査結果を受け、ACCSおよびJASRACは、日本データ通信協会のTelecom-ISAC Japanの協力の基、Winnyユーザーが加入しているプロバイダーを通じた電子メールやWebサイトによる注意喚起を実施するとしている。