PR

 キヤノンは2007年2月22日、プロ向けの一眼レフデジタルカメラ「EOS-1D Mark III」、コンパクトデジタルカメラ「IXY DIGITALシリーズ」2機種、「PowerShotシリーズ」2機種を発表した。また、「IXY DIGITAL」の新しいイメージキャラクターを俳優のオダギリジョーさんが務めることも明らかにした。

 「EOS-1D Mark III」は、同社がこれまで販売してきたプロ向け一眼レフからシステムや操作性などを一新した。キヤノンによると「これまでプロ機は、新機種に買い換えても操作性やアクセサリーに違和感なく使ってもらえるようにあまり変えてこなかった。今回はシステムからアクセサリーまで全面的に見直した」と言う。撮像素子は有効画素数約1010万画素のCMOSを採用。映像回路「DIGIC III」を2個搭載することで、高画質の画像でも毎秒10コマの連写撮影ができるようにした。シャッターの耐久性や防塵、防滴機能なども向上している。価格はオープンで、想定実勢価格は50万円前後。

 「IXY DIGITALシリーズ」は、「IXY DIGITAL 10」と「同90」を発売する。「同10」は有効画素数710万画素のCCDと光学3倍ズームを搭載しながら、厚さを19.4mmに抑えたのが特徴。シャッターユニット、鏡筒、メイン基板、ストロボを再設計し、それぞれ小型化した。一方の「同90」は3型の大型モニターを装備したモデル。710万画素のCCD、光学3倍ズームなどを搭載する。価格はいずれもオープンで、想定実勢価格は同10が3万7000円前後、同90が4万円前後。

 「PowerShotシリーズ」は、「PowerShot TX1」と「同A570 IS」を発売する。「同TX1」はデジタルビデオカメラのような縦型のきょう体が特徴で、710万画素のCCDと光学10倍ズームを備える。また、HD動画撮影機能があり、静止画だけでなく動画の撮影も想定している。同A570 ISは710万画素のCCD、光学4倍ズームを備えた標準的なデジタルカメラ。単3型電池でも使用できる。想定実勢価格は、同TX1が5万円前後、同A570 ISは3万円前後。

中田英寿からオダギリジョーに

 なお、今回IXY DIGITALシリーズの新機種が発売されるのと同時に、テレビコマーシャルやパンフレットなどに登場するイメージキャラクターが交代する。2000年のIXY DIGITAL発売以来、イメージキャラクターを務めていた元サッカー選手の中田英寿さんから引き継ぐのは俳優のオダギリジョーさんだ。オダギリさん自身、写真をよく撮影するそうで、「写真は絵などと違い、簡単に一瞬を切り取れるのがいいですね」と話し、映画「ゆれる」でカンヌ映画祭に招待された際も、現地の雰囲気や人物を撮影したというエピソードを披露した。