PR

 ヤフーは2007年4月18日、ヤフーと契約した地方公共団体の税金や料金をYahoo!JAPAN上から支払える「Yahoo!公金支払い」を開始した。

 支払いができるのは、地方公共団体の自動車税や住民税、固定資産税などの税金と水道料や施設利用料など。支払いはクレジットカードもしくは同社の「Yahoo!ポイント」でできる。クレジットカードを利用した場合、リボ払いや分割払いも選択可能。Yahoo!ポイントは「Yahoo!ショッピング」や「Yahoo!オークション」などを使うことによってたまるポイントで、1ポイントを1円として利用する。一部をYahoo!ポイントで支払い、残りをクレジットカートで決済することも可能だ。

 地方公共団体にとっても「クレジット決済などによる大規模なシステム構築や運用コストを削減できるメリットがある」(ヤフー)。クレジットカード番号などの決済情報はヤフーが管理する。地方公共団体が負担する金額は、契約基本料が30万円(2007年度に契約した場合は無料)と月額利用料が1万5000円(2008年3月までは無料)。決済手数料がクレジット支払い分の1%で、税金や料金の科目を1つ追加するごとに3万円かかる。

 Yahoo!公金支払いに対応した第1号は宮崎県。まずは自動車税のみを対象とし、2007年5月2日午前11時より受付を開始する。