PR

 インテルは2008年1月16日、2008年度の経営方針や製品戦略などについての報道機関向け説明会を開催した。共同社長の吉田和正氏が2008年度の方針を語ったほか、2008年前半に投入予定の超小型PC「Mobile Internet Device」(MID)向けのプラットフォームや、2008年後半に投入予定の家電向けのシステム・オン・チップ(SoC)を披露した。

 吉田社長はまず、2007年11月に発表した45nmプロセス技術を採用したCPUの拡大を強調し、2008年中にも投入する次世代のアーキテクチャーを採用した新CPU「Nehalem」(ネハレム、開発コード名)にも言及した。

 2008年前半には、MID向けのプラットフォーム「Menlow」(メンロー、開発コード名)を投入する。2006年時点のモバイル向けプラットフォームと比べて、面積が5分の1になり、消費電力は10分1になるという。会場には、Menlowよりも小さい2009年投入予定の「Moorestown」(ムーアズタウン、開発コード名)を採用した場合のイメージ機も展示していた。

 2008年後半には、次世代のセットトップボックスやテレビなど家電向けのSoC「Canmore」(キャンモア、開発コード名)を投入する。Canmoreは、CPUを核として、メモリーコントローラーやグラフィックスなどを1つのチップに集積した製品。会場では実際に動作している試作品を展示していた。

 ほかに、シニア世代に向けて、タッチパネルなどを生かして、インターネット上のコンテンツを閲覧したり、ブログやインターネットショッピングを楽しんだりできるソフトウエア「アラカイネット」を発表した。こちらは同日より、無償でダウンロード提供する。