PR

 国内の音楽著作権を管理するジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)は2008年3月27日、動画共有サイトYouTubeと音楽著作権の利用許諾契約を結んだと発表した。

 今回の契約により、JRCが著作権を管理する作品であれば、レコード会社がYouTube上で映像を配信できるようになった。各レコード会社がYouTubeの公式チャネルを開設し、プロモーションビデオやライブ映像を公開する。JRCが管理する楽曲をYouTubeのユーザーが演奏して投稿することも可能となった。

 JRCは国内の音楽プロダクションなどが2000年に設立した著作権管理会社。インターネットや携帯電話経由のインタラクティブ配信にかかわる著作権を管理している。受託しているアーティストはL’Arc-en-Ciel、スピッツ、浜田省吾、Mr.Children、The BOOMなど。