PR

 ノートパソコンで「1.23」や「0.123」のように小数を含む数字データを大量に入力する場合「.」の入力が面倒に感じることがある。キーボード最上行の数字キーと最下行の「.」キーが離れているからだ。こんなときはオプションを変更して「.」の入力を省略すると便利だ。

 「ツール」メニューの「オプション」を実行して「オプション」ダイアログボックス(Macでは「初期設定」)を表示する。「編集」タブにある「小数点位置を固定する」オプションがそれだ。チェックボックスをオンにして「入力単位」を指定する。入力単位に「2」を指定すると、それ以後セルに入力する整数は小数第2位までの小数として入力されるのだ。

 「123」は「1.23」となり「5」は「0.05」としてセルに入力される。もちろん、「1.234」のように「.」を自分で入力すれば、設定は無視されて、そのまま「1.234」がセルに表示される。

図1 「小数点位置を固定する」オプションをオンにして整数を入力すると、小数付きの数字として入力される
図2 入力単位と異なる桁の小数を入力すると、入力した小数点の位置が優先される