PR

 ワークシート上で自由に配置できるテキストボックスは、表のレイアウトに凝りたいとき便利だ。テキストボックスは、内部の塗りつぶし色を変更したり、影を付けることもできるので、注目させたい数字などを目立たせる効果もある。このテキストボックス、実は任意のセル内のデータとリンクして、内容を表示させることができるのだ。

 やり方は簡単。テキストボックスをクリックして選択し、文字入力のカーソルが表示されたら数式バーをクリックする。数式バーにリンクしたいセルのアドレスを入力すれば完成だ。もしA1セルのデータをテキストボックスに表示したいのなら、数式バーに =A1 と入力する。

 ただし、テキストボックスとリンクできるのは単一セルだけ。=A1+A2 や =SUM(A1:A5) といった計算式を指定することはできない。また、=A1&"です" のように文字列を結合することも許されない。そんなときは、あらかじめどこかのセルで計算や文字列の結合を行っておき、そのセルをリンクするようにしよう。

図1 テキストボックスはセル内のデータとリンクできる