PR

 ワークシート上で住所録を作成する場合、郵便番号や電話番号、あるいは何丁目何番地といった数字で、全角数字と半角数字が混在していると見栄えが悪い。「マンション」「アパート」などのカタカナも同様。複数のユーザーが分散して入力したデータを結合したり、テキストファイルをワークシートに貼り付けた場合にも、全角半角混在問題は発生する。こんなときには、ワークシート関数を使って一括変換するといいだろう(図1)。

 ASC関数は、すべての全角文字を半角に変換する関数。もっとも、漢字やひらがななど半角にできない文字は無視される。逆に、半角文字を全角に変換するにはJIS関数を使う。こうして一括変換した結果を元のセルに上書きすればいいのだが、普通にコピーしたのでは失敗する。関数が入力されているセルをコピーすると、関数そのものがコピーされてしまうからだ。関数の結果をコピーするときは、貼り付けるときに「形式を選択して貼り付け」を選択し、ダイアログボックスから「値」をチェックして「OK」ボタンをクリックする。これで元データには、全角半角を一括変換した結果がコピーされる(図2)。

図1 ASC関数は「全角→半角」、JIS関数は「半角→全角」に変換する関数


図2 関数の結果をコピーするときは、「編集」メニューの「形式を選択した貼り付け」を選択して「形式を選択した貼り付け」ダイアログボックスを表示する。「値」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックしよう