PR

 ワークシートにはさまざまなオブジェクトを配置できる。矢印や直線、テキストボックスやグラフもオブジェクトの仲間だ。

 ワークシート上のオブジェクトを削除するときは、削除したいオブジェクトをクリックして選択しDeleteキーを押す。簡単な作業だが、削除したいオブジェクトが数十個もあるとウンザリしてしまう。そんなときは、複数のオブジェクトを一気に選択してからDeleteキーを押そう。

 「図形描画」ツールバーの左から2番目に、左上を向いた白抜き矢印のボタンがある。これが「オブジェクトの選択」ボタンだ(図1)。クリックするとマウスポインタが白抜き矢印に変わり、ドラッグした範囲に含まれるすべてのオブジェクトを選択できる(図2、3)。

 なお、オブジェクトを選択できる状態では通常のマウス操作は行えない。元の状態に戻すには、へこんでいる「オブジェクトの選択」ボタンをもう一度クリックしよう。

図1 「オブジェクトの選択」ボタンを使えば、複数のオブジェクトを一気に選択できる


図2 選択したいオブジェクトを囲むようにドラッグする


図3 範囲内のオブジェクトがすべて選択状態になった