PR

 Excel 97を起動するとタイトル画面が表示される。このタイトル画面を表示しないでExcel 97を起動できる。

図1 おなじみのタイトル画面

 そのためにはExcel 97を起動するためのショートカットファイルを編集する。

 まずショートカットファイルを右クリックして「プロパティ」を実行する。「Excelへのショートカットのプロパティ」ダイアログボックスが表示されるので「ショートカット」タブをクリックして開こう。ここには、ショートカットファイルに登録されている情報が書かれているが、今回編集するのは「リンク先」テキストボックスだ。「リンク先」には"C:\Program Files\Microsoft Office\Office\Excel.exe"のように実際に起動するプログラムのファイル名がフルパスで指定されている。

 このファイル名の末尾に「/e」を書き加える。その際、ファイル名と「/e」の間に半角スペースを1つ入れるのを忘れないようにしよう。編集が終わったら「OK」ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じる。

 さあ、アイコンをダブルクリックしてみよう。タイトル画面が表示されないでExcel 97が起動するはずだ。

図2 コマンドラインの末尾に「/e」を書き加える

 だが起動したExcel 97は何か変だ。そう、本来なら起動と同時に表示される「BOOK1」が見あたらない。実は「/e」は「新規ワークブック(BOOK1)を開かずに起動する」というオプション。このスイッチを指定するとタイトル画面も表示されなくなるのを利用したのだ。

 新しいブックを編集する場合は「ファイル」→「新規作成」を実行しよう。また「/e」スイッチは、XLStartフォルダに保存されているブックも開かない。Excel 97の起動と同時に決まったブックを開きたい場合は、ショートカットファイルの「プロパティ」ダイアログボックスの「ショートカット」タブを開き、「リンク先」のテキストボックスを次のように編集しよう。

"C:\Program Files\Microsoft Office\Office\Excel.exe" "C:\Program Files\Microsoft Office\Office\XLStart\Book1.xls" /e

 プログラム名の後ろに半角スペースを挿入し、先ほど作成した「BOOK.xlt」をフルパスで指定する。その後ろに半角スペースを入れてから「/e」を入力する。「OK」ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じ、ショートカットファイルをダブルクリックすると、タイトル画面が表示されないでExcel 97が起動し、今度はBOOK1も表示されているはずだ。

 なお、上記で説明したパス名は、Office 97を標準でセットアップした場合の話。インストール時に別の場所にセットアップした方は、ご自分の環境に合ったパスに読み替えていただきたい。