PR

 最近のアドレス帳ソフトでは、メールアドレスが必須項目になっている。Excelのワークシート上に作成するアドレス帳でも、メールアドレスを登録することが多いだろう。ワークシート上にメールアドレス欄があるなら、ハイパーリンクを利用するといい。ハイパーリンクを設定しておけば、セルをクリックするだけでOutlookまたはOutlook Expressが起動するのだ。

 ハイパーリンクは、メールアドレスだけでなく、任意の文字列にも貼ることができる。文字をセルに入力したら「挿入」メニューの「ハイパーリンク」をクリックしよう。表示される「ハイパーリンクの挿入」ダイアログボックスの「リンク先」で一番下の「電子メールアドレス」をクリックする。あとは「電子メールアドレス」ボックスに送信先のメールアドレスを入力すればいい。「件名」に入力した文字列は、メールソフトが起動されたとき自動的にメールのタイトルに設定される。

 なお、「@」を含む文字列をセルに入力すると、この文字列がメールアドレスと認識されて、上記のハイパーリンクが自動的に設定される。ハイパーリンクを解除したいときは「ハイパーリンクの挿入」ダイアログボックスを開いて「リンクの解除」ボタンをクリックしよう。

図1 セルをクリックすると、自動的に宛先、件名まで入ったメール作成画面が起動する