PR

 セルにコメントを付ける機能はご存じだろうか。コメントを付けたいセルを選択して「挿入」→「コメント」を実行すると、セルにコメントが挿入される。コメントが設定されたセルには右上に赤いマークが表示され、マウスポインタをそのセルに合わせるだけでコメントが表示されるという仕組みだ。

図1 ポインタをセルに合わせるとコメントが表示される

 コメントを挿入すると、ユーザー名があらかじめ入力されたコメント枠が表示される。ここで入力されるユーザー名は「オプション」ダイアログボックスで変更できる。「ツール」→「オプション」を実行して「オプション」ダイアログボックスを開き「全般」タブをクリックしよう。Mac版では「ツール」→「初期設定」の「初期設定」ダイアログボックスだ。ここの「ユーザー名」に入力した文字が、コメントに挿入される標準のユーザー名になる。好きな文字に書き換えることができるが、ただし空欄にすることはできない。

図2 ユーザー名に入力した文字がコメントに挿入される

 また、「オプション」ダイアログボックスで「ユーザー名」を変更すると、「ファイル」→「プロパティ」で表示される「作成者」もいっしょに変更されるので覚えておこう。「作成者」の変更を有効にするには、「オプション」ダイアログボックスで設定した後でExcelを再起動する必要がある。

 四角いコメント枠が好きになれない人は、コメント枠の形状を変更してしまおう。まず「図形描画」ツールバーを表示しておく。「図形描画」ツールバーは「標準」ツールバーの「図形描画」ボタンをクリックすると表示される。次に新しくコメントを挿入するか、既存のコメントを編集状態にする。そこで、「図形描画」ツールバーの左端「図形の調整」ボタンをクリックしよう。表示されるメニューで「オートシェイプの変更」をポイントし、好きなオートシェイプを選択すれば完了だ。星形や爆発マークのコメントはインパクトもあり、注目度アップ間違いない。

図3 「図形描画」でいろいろなコメント枠に変更できる