PR

 Windows Vistaの最大の特徴はWindows XPと比べて大幅に視覚効果を高め、操作性を改善したユーザーインタフェースだ。

 画面の基本構成はWindows XPとさほど変わらない。デスクトップには初期設定でゴミ箱だけが置かれ、左下に位置する「スタート」ボタンを押すと現れるメニューから、各種アプリケーションやフォルダーにアクセスできるというのはXPと同じだ。
 ただし、XPに比べて見栄えがいいことは確か。Vistaでは新しいユーザーインタフェース「Aero(エアロ)」を採用している。ガラスのような光沢と透明感を持った表現が特徴だ。複数のウインドウやスタートメニューを重ねると、後ろの画面が透けて見えるのが分かる(下図)。

【ウインドウの向こうが透けて見える】

 さらに画面の動作にはアニメーションが多用されている。例えばウインドウをタスクバーから開く際には飛び出すような動きを伴うといった具合だ。

 一部には3Dの表現が取り入れられている。複数のウインドウを開いた状態でタスクバーの左端にある「ウインドウの切り替え」ボタンを押すと、ウインドウを斜めから見たような画面を立体的に表示する(下図)。その状態で見たいウインドウをクリックすると、当該ウインドウが一番手前に来た状態で通常の画面に戻る。

【画面表示の充実で操作が便利に】

ファイルの中がよく見える

 「最小化」の状態でタスクバーに収納したウインドウにマウスカーソルを合わせると、中身をサムネイル(縮小した画面)の状態で見せてくれるのは便利だ(上図)。

 [Alt]キーを押しながら[Tab]キーを連打すると、展開中のウインドウを横並びで表示しながら最前面に表示するウインドウを切り替えられる。これはXPでもおなじみの機能だが、Vistaでは切り替え作業中に、ウインドウの内容が確認できるようになった(上図)。