PR

 実は、任意のフォルダーから簡単にツールバーを作ることもできる。タスクバー上に置くこともできるが、デスクトップ上の好きな位置に移動できるので汎用性は高い。操作は簡単で、フォルダーをドラッグして画面の端にドロップすればよい(図1、図2)。

図1 フォルダーを画面の端にドラッグ・アンド・ドロップするとツールバーとなり、内容がボタンとして並ぶ。画面の端にぶつけるようにドラッグするのがポイント

図2 先頭のハンドルを右クリックして「表示」→「小さいアイコン」を選び、コンパクトにしておこう

 ツールバーになった状態で、ハンドルをデスクトップ上へドラッグ・アンド・ドロップするとフローティング表示になる(図3)。

図3 ハンドルをデスクトップ上にドラッグ・アンド・ドロップすれば、フローティング表示になる。タスクバーにドロップすると合体する

 ツールバーとして登録されているフォルダーのサブフォルダーは、クリックするとそのまま開く。[Ctrl]キーを押しながらクリックすると内容がプルダウンメニューとして表示されるので、開きたいファイルを選ぶ(図4)。

図4 [Ctrl]キーを押しながらサブフォルダーをクリックすると、サブフォルダーの内容がメニューになる