PR

 H.264、Windows Media Video(WMV)9ともに、動画のデータを圧縮するために用いられる「コーデック」と呼ばれるプログラムです。

 一般に動画データを、圧縮せずにそのまま使おうとすると、膨大なデータ量となり、通信回線やデータストレージの容量を圧迫するなどの障害が起きます。そのため、動画の送信時や、映像コンテンツをDVDに保存する際、さらに記録媒体の容量が少ないデジタルカメラや携帯電話での動画撮影などにはコーデックが欠かせません。

【大容量の映像データ圧縮にはコーデックが必要】

 コーデックには様々な種類がありますが、DVD-Videoや地上デジタル放送などに使われるMPEG2、デジカメなどの動画撮影時に使われるMPEG4が代表的です。

 H.264とWMV9は、デジタルハイビジョン放送(HDTV)など高精細映像向けのコーデックとして、将来普及すると見られています。圧縮率が高いこれらのコーデックを使えば、例えばMPEG2なら2時間で30GBを超えてしまうようなHDTV番組でも、画質を落とさずに15GB以下に圧縮できます。

次世代光ディスクで競合

 H.264は、MPEG系圧縮の最新技術で、通信技術の標準化を担うITU-T(国際電気通信連合・電気通信標準化セクタ)とISO(国際標準化機構)が共同で標準化を進めています。「MPEG4 AVC(Advanced Video Coding)」とも呼ばれます。

 データ圧縮率は、MPEG2の2倍以上、MPEG4の1.5倍以上とされています。理論上は現行のDVDディスクの画質を保ちつつ、同じ容量で2倍以上の時間の映像を保存できます。映画やコンサートなどの動画コンテンツや携帯機器向けのコーデックとして幅広い普及が期待されています。

 一方、WMV9はマイクロソフトが開発した動画圧縮技術、WMVシリーズの最新版です。WMVはマイクロソフトの独自規格ですが、同社のWindowsが標準サポートしたこともあり、一気に普及しました。

 WMV9のデータ圧縮率は、H.264と同程度とされています。こちらも動画コンテンツや携帯機器など、さまざまな用途が想定されています。同社が2004年1月に発表した「Windows Media HD」
は、WMV9をHDTV用に拡張した規格です。

 なお、東芝とNECが推進する次世代光ディスク規格「HD DVD」や、2層DVD規格「HD DVD9」向けコーデックとしてH.264はサポートされます。

【次世代コーデックの代表格】