PR

「子連れ、年配、若いカップル。アレから、アキバでは見かけなかったお客さんが増えたねぇ」。老舗パソコン店の店員は感慨深げにこう語る。アレとは9月のヨドバシカメラ開店。この冬、客層の変化に秋葉原関係者の多くが驚いている。新線開業、駅前再開発、電車男にメイド喫茶。数多のキーワードに彩られて一気に盛り上がったアキバブーム。ボーナスシーズンを迎え、街は活気づいている。が、一点の曇りもないわけではない。秋葉原の街を再び追ってみた。

一大観光地と化した「アキバ」

 秋葉原は世界有数の電気街だが、言わずと知れたマニアの街、オタクの街でもある。店員の言葉を借りれば「アレ」以前は、通りを歩いているのはマニアやオタクが中心だった。ところが、この冬は、どこの街でも見かける普通のお客さんが目立つ。人の数も増えており、休日になると、駅前も中央通りの歩行者天国も人でごったがえす。アキバブームの到来だ。

 この1年を振り返ると、秋葉原はかつてないほど話題に溢れていた。3月には、駅前の再開発で地上31階のダイビルが完成。8月には新線のつくばエクスプレスが開通。“アキバ”系の主人公が登場する「電車男」もテレビや映画で人気に。アニメなどのフィギュアを扱う店や、コスプレ姿の店員をそろえたメイド喫茶に、テレビクルーが殺到した。

【数々の話題が秋葉原ブームを引き起こした】

 ピークが9月の「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」開店。巨大な量販店を一度見てみようと、これまで秋葉原に来たことのなかった人が押し寄せた。開店4日間で来場者は100万人、1カ月後には350万人を超えた。秋葉原駅の9月の乗降者数は前年比4割増という。

 「秋葉原は変革の真っ只中。再開発はまだ半分程度で、来年3月にはダイビルの隣のUDXビルも完成する」と秋葉原電気街振興会の鈴木 淳一 副会長(九十九電機社長)は、秋葉原のさらなる発展を強調する。22階建てUDXビルには、オフィスのほか、レストラン、スーパーなど複数のテナント、ホール、800台収容の駐車場が入る。就業人口は約1万人。これだけでもかなりの経済効果が見込める。

 再開発以外でも、イベントやサービスで秋葉原の魅力を高めようという取り組みも進められている。NPOの産学連携推進機構は、秋葉原先端技術テーマパーク構想を掲げ、電気街振興会と協力して、数々の集客事業を立ち上げている。

 11月26~27日には、駅前のダイビルで「アキバ・ロボット文化祭2005」が開催された(下図)。ロボット製作教室や開発者セミナーを通して、親子でロボットについて楽しみながら学べるというもの。12月24~25日には「アキバ・理科室2005」を実施。約1000点の理科教材を販売するほか、実験ショーを実演した。

【集客事業として駅前ビルでイベント開催】
【外国人観光客への対応】

 外国人観光客も、広くなった駅前に観光バスを横付けして、大挙、アキバにやってきている。昨年は39万人の外国人が秋葉原を訪れた。これを商機と捉えたラオックス・ザ・コンピュータ館は、1階に英語や中国語が話せる店員を常駐させて、免税コーナーを設けた(右図)。