PR

 自宅のパソコンで凝ったフォントを使って案内状を作り、PDFファイル化、会社の同僚にメールで送ったとしよう。ところが、会社のパソコンで見ると、せっかくこだわったタイトル文字がなんの変哲もないフォントに変わってしまった。PDFはこのような困った事態を解決する機能を持っている。「フォントの埋め込み」だ。

 Word の文書などは、「Aというフォントで書かれています」という情報しか持っていない。つまり、フォントAがないとお手上げだ。PDF文書にはフォント名に加え、「Aというフォントはこのような曲線と直線からなるこのような形をした書体」という情報を追加できる。そうすればどこのパソコンでもフォント環境に左右されず、文書を正しく表示できる。

 フォントの埋め込みはPDF作成ソフトによって初期設定が異なる。フォントを埋め込むとファイルサイズが大きくなるという欠点もあるので、一概に埋め込むことがいいというわけではない。目的に応じて設定を変えよう(図1)。

図1 フォントの埋め込みは今回利用したクセロの場合、印刷画面で「プロパティ」画面を開き、「フォント」タブを選択して「全てのフォントを埋め込む」にチェックを入れる