PR

 オートシェイプを使って図を作ってみよう。図を入れるスライドのタイトルは「セキュリティビジネスの可能性」。“現状の問題点を示し、それによってどんなことが起きるのかを挙げ、結論としてここにビジネスチャンスあり”という3段階の流れを図に表してみる。

 「図形描画」ツールバーの「オートシェイプ」ボタンをクリック。目的の図形をクリックし、スライド上でドラッグする(図1、図2)。ここでは、四角形と矢印が組み合わさった「ブロック矢印」の図形を使った。

 図形が選択された状態でキーボードからキーワードを入力すると、文字が図形の中央に表示される(図3)。「書式設定」ツールバーを使えば、図形内の文字に自由に書式を付けられる(図4)。

図1 オートシェイプを使うには、「オートシェイプ」ボタンをクリック。図形の分類を選び、スライドに入れる図形の形のボタンをクリックする


図2 スライド上をドラッグして図形を描く


図3 キーボードから文字を入力すると、図形の中に文字が表示される。文字を改行するには Enter」キーを押す


図4 文字の書式は、図形の外枠をクリックして図形を選択し、「書式設定」ツールバーで指定する。ここでは、文字サイズを変えた。また、文字を縦書きにするには、「文字方向の変更」ボタンをクリック